次世代スケボー・スケートボード・スノボー・スノーボードのフリーラインスケート
 




「クリエーティブに自分のスタイルを楽しむ」
〜マイク (28歳)〜

------ 最初に何がキッカケでフリーラインを始めましたか?

フリーラインの開発者であるライアンとは10年ぐらい一緒にスケートボードをしている仲間なんだ。彼がある日、このフリーラインスケートを僕の家に持ってきて紹介してくれたんだよ。


------ はじめて乗った時の感想は?

最初は全くバランスが取れなかった。 まず家の前のフェンスで、手すりにつかまって、バランス感覚を身につけてから、徐々に手すりをプッシュして真直ぐに滑る練習をしました。それから「S」の足の基本的な動きを学び、だいたい合計で8〜9時間ぐらいでやっと乗れるようになったと思います。



------ どのくらいでスムーズに乗れるようになりましたか?

3日目には普通に乗れるようになりました。、、、でも今でも、まだまだ練習が必要ですね。
フリーラインは乗れるようになったから終わりというものではなく、そのライディングスタイルは常に進化し続けています。
自分に目標を設定し、常にその目標と向き合って乗ることを楽しんでいます。

トリックも日々開発され続けているので、練習に終わりがない。だからやりがいがあるのかもしれませんね。


------ 普段はどういうところで乗っていますか?

公園、ビーチ沿い、そして近所などで乗っています。


------ 他にどんなスポーツをされますか?

サッカー、マウンテンバイク、ロングボード、バスケットボール、フットボール、サーフィン・・・
そしてスノーボード。特にフリーラインスケートはダウンヒルで滑るとスノーボードの振動を与えてくれるんです。

------ フリーラインを滑ることに対して、何がそれほどまでにあなたの心を掻き立てるのでしょうか?

他にだれもやっていないことをするというチャンス、そして、フリーラインで滑っていると心と体がクリエーティブになるということ。
何よりも滑っていて楽しいこと。


------ 今現在取り組んでいるライディングスタイルは?

ダウンヒルですね。ヘルメット、パッドなどをつけて、驚くような急斜面で高速で滑る。あとは他のライダーが開発した新しい技を自分もできるように練習しています。

------ 初心者の方に何かアドバイスをひと事。

ビデオとか他のライダースタイルに影響されないように!
自分には自分のスタイルがあると思うので、もっと自分の滑り方に誇りに思って欲しい。
周りのライダースタイルをコピーするだけではなく、クリエーティブに自分のスタイルを楽しむこと。


------ 今後、あなたにとっての「フリーライン」を教えてください。

フリーラインが一つの文化的なスポーツとして定着して欲しいですね。フリーライダー人口も増えて欲しい。
個人的にはこれからも楽しく滑っていたいというだけです。このスポーツを通してたくさんの人とも出会いましたよ。

 

 

 


**フリーラインスケート滑走中は自己責任でプロテクター着用をお願い致します。また公道での滑走は法律で禁止されています。

Copyright (C) 2008 フリーラインスケート ジャパン. All Rights Reserved.

フリーラインスケートジャパン
運営 (有)ハートランド info@heartlandj.jp

雪上スケートボードのスノースケートボード新発売!14輪の新感覚スケートボード・フローボード発売開始!
板のしなりが半端でない!バンブー(竹)素材のローデッドボード社のロングスケートボード(ロンスケ)
雪がなくてもスノーボード(スノボー)2輪スケートボード(スケボー)のTボード プレミアスノースケートボード
スノーボード[whole9]はスノーボード動画やスノボー最新映像やグラトリハウツー画像を公開!
新感覚ダイエットスケート発売開始!ダイエットボディー情報館