次世代スケボー・スケートボード・スノボー・スノーボードのフリーラインスケート
 

スノーボード(スノボー)初心者用スケボー乗り方講座

初心者用フリーライン乗り方講座

Hi、ライアンです。

わたしは今までの人生ほとんどをスケートボード(スケボー)、サーフィン、そしてスノーボード(スノボー)を楽しむことに費やしてきました。だからこのフリーラインが大好きです。私の好きなスポーツがすべてこの一つに詰まっているからです。

今日はフリーラインの乗り方について3つのステップに分けて講習していきたいと思います。 そのまえにフリーラインの構造から理解していきましょう。ではフリーラインを見てください。

フリーラインの最大の特徴は(通常のスケートボードのように板とトラックなどに分かれているのではなく)一体型の金属で作られているのでとても頑丈にできています。なんと3000パウンドもの重量にも耐えられるようにできています。

ウィールはグリップ感がよい72ミリを使用し、ベアリングはウィールの真ん中に位置しています。ダウンヒルではしっかりとアスファルトをつかみます。



さあ、それではまずフリーラインに乗ってみましょう。次はステップ1です。




  STEP 1 (正しいポジション)

まずは、どこかにつかまって練習できるような場所をみつけてから、足を正しいポジションでフリーラインに乗せる練習が必要です。

私も始めの頃は何度も練習して、自然と足を正しい場所に置くことができるようになりました。皆さんも練習してみましょう。

ご覧の通り、それぞれのフリーラインには「R 右」と「L 左」と表記されています。まず片足ずつつま先を下にしながらフリーラインに足を完全に乗せていきます。この時に大事なのは左右、前後に寄りすぎずに真ん中に足を乗せることです。

真ん中に正しく乗せることができるようになれば、少し前進してみましょう。

真直ぐに前進し、そしてまた後退の繰り返しで感じをつかんでいきましょう。もしタイヤがそれていった場合は、ひざを押し込んで無理やり方向を正そうとしても難しいです。乗った状態でウィールごと正しい軌道にスライドさせながらズラしてみてください。

慣れるまでは前後に行ったりきたりを何度も繰り返し、真直ぐ前後に進めるようになれば、ステップ2です。






  STEP 2 (練習)

フリーラインの基本的な走行方法は、足を「外側に開く」「内側に閉じる」の繰り返しです。

手すりにつかまり進みながら足を開いたり閉じたりしてみてください。(このとき進行方向に対しての前足側が先に開き始めたり閉じ始めたりを繰り返す感覚です。)
感覚をつかんだら、前進のみ慣れるまで(最低10回)は練習してみてください。

少し慣れてきましたでしょうか?

それでは今度は手すりなしで乗ってみましょう。手すりをできるだけ強く押し、勢いをつけて真直ぐ前進してみてください。 (無理に足を動かし走行するのではなく、手すりなしでできる限り真直ぐに乗ってみてください)

あまり上手く進めず、すぐに倒れてしまいますか?1メートルでも進んだら、次は2メートル、そして3メートル・・・と記録を更新するように、少しずつ距離を伸ばして見てください。
もし止まり方をご心配されている方がいらっしゃいましたら、心配はありません。ただフリーラインから足を下ろしてください。 (*スピードが出せるようになった場合の平地での止まり方はフリーライン講習「平地での止まり方」で確認してくだい)

手すりにつかまりながら基本走行(足閉じ、足開き)、そして手すりから手を離して真直ぐ前進する練習になれたら、手すりなしの状況で乗れる準備ができたはずです。




  STEP 3 (スイング走行)

ステップ3は上半身全体をつかいながら、スイングして走行してみます。足を閉じたり、開いたりの動作と同時に上半身を回してみます。

足を正しいポジションに置いてください。(乗り始め:このとき前進する前足は完全に乗り、もう片方の足はつま先で支える状態になります)

地面につけていた後ろ足のつま先で(ひざを少しまげるように)勢いをつけると同時に足を起してスタートします。

真直ぐとスタートした状態から、ゆっくりと足の動きに合わせて体も回してみます。
よく見ててください。








  ボーナスステップ (ダウンヒル・アップヒル)

わたしがフリーラインで一番好きなライディングがダウンヒルです。

このフリーラインの発案もこのダウンヒルライディングをいかにスピード感あふれる滑走ができるかというところから始まりました。皆さんにお見せする前に、安全にダウンヒルを滑走する方法から教えていきます。

まず後ろ足を体の重心を中心に後ろ側に向けるようにします。 このような感じです。
後ろ足を後方に回しこむと右ターンします。

逆に後ろ足を前方から回しこむと左ターンします。

スピードコントロールする場合は、足を大きく広げながらまわしこみ、後ろ足をアスファルトに押し付けてみてください。(*始めはゆるやかな坂で練習してみてください)上半身も上手く利用して感覚をつかんでください。

上半身の動きはアップヒル走行には特に必要です。
(上半身のスイングはアップヒルライディングの動力源となります)

ちょっと見てみましょう。




  乗り方講座 まとめ


ステップ1(正しいポジション)

  • 正しい足のポジションを覚える。
  • 手すりを使いながら真直ぐ前進・後進を繰り返す。

ステップ2 (練習)

  • 基本動作としての足の動き(足を閉じたり、開いたりという動作)を覚える。
  • 支えから手を離して真直ぐ前進する。 (できれば基本動作もする)

ステップ3 (スイング走行)

  • 足の動作と一緒に上半身をスイングさせみる。

ボーナスステップ (ダウンヒル・アップヒル)

  • 後ろ足を体の後方、前方に回しこむことでターンができる。
    (まわしこむ側のウィールはアスファルトに押し付けるようにブレーキングをしていることを意識する。)

それでは安全にフリーラインを楽しんでください!

●初心者レベルから抜け出したい!
フリーラインをさらに乗りこなしたい方には、「中・上級者用フリーラインスケート講習」をご覧ください。





**フリーラインスケート滑走中は自己責任でプロテクター着用をお願い致します。また公道での滑走は法律で禁止されています。

Copyright (C) 2008 フリーラインスケート ジャパン. All Rights Reserved.

フリーラインスケートジャパン
運営 (有)ハートランド info@heartlandj.jp

雪上スケートボードのスノースケートボード新発売!14輪の新感覚スケートボード・フローボード発売開始!
板のしなりが半端でない!バンブー(竹)素材のローデッドボード社のロングスケートボード(ロンスケ)
雪がなくてもスノーボード(スノボー)2輪スケートボード(スケボー)のTボード プレミアスノースケートボード
スノーボード[whole9]はスノーボード動画やスノボー最新映像やグラトリハウツー画像を公開!
新感覚ダイエットスケート発売開始!ダイエットボディー情報館